2022年11月14日 (月)

【壺・花瓶の買取/福岡市・骨董品】

こんにちは。骨董品買取の福岡玄燈舎です。昨日は福岡市西区のお宅に伺い茶道具や掛軸、書道具や着物、器や花瓶、壺、カメラや古時計など買取り致しました。この写真の花入れは李朝の白磁壺です。

 

U10497646951 

特徴としては
浮彫あるいは透かし彫などの装飾を加え,まれに辰砂 (しんしゃ) や鉄釉 (てつゆう) で絵付けするものがあります。高麗時代の伝統を引継ぎ,李朝全期を通じ朝鮮の諸地方で生産されました。当時は壺や祭器,文房具が主で,初期のものは灰白,乳白色,中・後期はやや青みを帯びたものが多いようです。広州の官窯を除いては器体が厚いものが多いですね。
骨董品買取の福岡玄燈舎では李朝の壷や花瓶を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。
福岡市内県内は無料出張査定致します。

2022年7月 7日 (木)

銀食器の買取(アンティーク)買取/福岡・骨董品

福岡市中央区より英国antiqueの食器やカトラリーを買取致しました。
伊勢達で購入のスプーンです。しっかりとホールマークも入っております。
銀食器の有名ところではフランスの老舗「クリストフル」や「エルキューイ」、イギリス「マッピン&ウェッブ」。日本では「上田銀器工芸」や「ロイヤルスプーン」などが、宮内庁御用達として銀食器を作り続けています。
Img_3107

 

ホールマークには下記のようなものがあります。

 

A.メーカーマーク 製造メーカー(工房)の略称が刻印されています。
B.スタンダードマーク       純度を示す刻印です。
スターリングシルバー(92.5%)であればライオンパサントと呼ばれる左向きのライオンのマークです。
ブリタニアシルバー※(95.84%)であれば女神のマークです。
※1697-1720年頃はこちらが基準となっていた時代がある
C.アセイ・オフィス 英国の主要都市に試金鑑定所(アセイ・オフィス)が置かれており、どのアセイ・オフィスで鑑定されたのかがわかります。
主要なものでロンドン(ライオンの顔)バーミンガム(船の錨)シェフィールド(王冠)などがあります。
D.デイト・レター 鑑定された年を示しています。
アルファベットを大小文字、書体や縁取りなどを変えながら使用されておりアッセイ・オフィスによって同じ年でも異なります。
1974年以前は各オフィスによって更新月が違っていたようです。
(ロンドンは5月、バーミンガムとシェフィールドは6月)
E.デューティーマーク 納税を証明するマークです。
1784年から1890年までに作られた銀器には税金がかけられており、当時の国王の横顔が刻印されています。
ただし王の在位年とぴったり合っていない場合があります。
骨董品買取の福岡玄燈舎では銀食器を買取ります。福岡県内は無料出張査定致します。

2022年5月 1日 (日)

書道具の買取は福岡玄燈舎/骨董品

書道具の買取/福岡県・福岡市南区より書道の水滴や硯、墨などお預かりいたしました。中には掛軸や拓本、和紙なども多数ありとても楽しめた買取でした。ありがとうございました。写真の水滴は伊万里焼の物で「開山」と銘が有りました。一見、骨董品の様な観賞用の入れ物の水滴のてっぺんには穴があります。ここから水を注いでください。

 

028 水を張った容器に沈めたり、蛇口から直接注入ください。注ぎ口は、側面の穴になります。まず、てっぺんの穴を指で塞いでから、水滴を傾けます。その後、塞いだ指を離せば水が出ます。これを繰り返せば一滴ずつ注げます。中国では5~6世紀の南北朝時代のものが最も古い水滴として知られ、日本では奈良時代の法隆寺献納宝物にある袋形の国宝 金銅水注(水注)が現存最古の例として有名です。また水滴の材質としては陶磁器が最も多く、金属製や石玉製の水滴もありますが、様々な材質で造形や意匠に趣向をこらしたものがたくさんつくられました。日本では、特に江戸時代以降、高度な金工の技法を駆使した、動物や植物などの意匠をこらした古美術品的な水滴作品が数多くつくられました。現在は水滴のコレクターさんもおられるくらいに人気の骨董品ですね。余談ですが書道具の水滴と水指の違いですがどちらも硯に水を注ぐ時に使います。水滴に水を入れて上部にある穴を指で押さえ、角にある穴を下にして傾けても水は出ません。抑えている指をゆっくりゆるめると水が一滴づつ出ます。このように注ぎ口が小さな穴で水を一滴づつ出すことのできるものを「水滴」と呼び、大きな注ぎ口があるものを「水差し」と呼んでいます。お好みに合わせてお選び下さい。骨董品買取の福岡玄燈舎では書道具の水滴を買取ります。お見積りや査定だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。受付年中無休。福岡県内は無料出張査定致します。

2022年4月23日 (土)

【清水焼の茶器セット買取ました/福岡市】

清水焼の買取/骨董品・福岡県…
福岡市南区より骨董品の出張査定依頼がありお伺いいたしました。茶器や掛軸、有田焼や薩摩焼など陶磁器が豊富にあり買取させて頂きました。清水焼の茶器は絵付けが盛り上げで豪華な茶器でした。

019

 

割れや欠けもなく高価買取致しました。清水焼(きよみずやき)は、京都を代表する伝統工芸品のひとつで、もともと清水寺に向かう清水坂界隈の窯元で焼かれていた焼き物を指してそう言っていたのが始まりです。
現在では、京都市東山区・山科区の清水焼団地・宇治市の炭山などで生産されているものをまとめて「清水焼」と呼んでいます。経済産業大臣指定の伝統工芸品としての正式名称は「京焼・清水焼」です。京焼と清水焼の違いは、かつて清水寺に向かう清水坂界隈の窯元で焼かれていたものを「清水焼」と呼んでいましたが、それ以外にも、粟田口焼・乾山焼・音羽焼などが京都で焼かれており、それらをまとめて「京焼」という言葉で表していました。その清水焼野現状は機械化が進み輸入品の安価な器が世の中に溢れるようになると、売上の低下や後継者不足が相次ぎ、大きな問題を抱えています。作り手や窯元の数も減っており、熟練の技術が途絶えようとしています。
焼き物産業全体の生産額も平成2年には約500億円だったものが現在では半分以下に落ち込んでいます。

 

骨董品買取の福岡玄燈舎では清水焼や茶道具を買取ります。お見積りや査定だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。受付年中無休。福岡県内は無料出張査定致します。

2022年4月18日 (月)

「豪華な九谷焼買取りました/骨董品・福岡市・福岡県」

加賀九谷焼買取りました/福岡市・骨董品…
福岡県久留米市で豪華な九谷焼の茶器を買取りました。有田焼や伊万里焼にの査定の中にこの加賀九谷焼がありとても美術品的な物だったので高価買取致しました。

 

059

九谷焼の有名な加賀藩・大聖寺藩各地で復活生産された一連の色絵磁器を「再興九谷」といいますが、当時「九谷焼」と呼ばれていたのは、九谷村に窯を開き、古九谷の復興を明確に目指した吉田屋窯の作品だけでした。そして明治に入るまでは、「九谷焼」という名称は、吉田屋窯とこれを継承する窯元、および影響を受けた大聖寺藩内の窯元の作品に限って用いられることになります。
吉田屋窯は開窯から1年数か月後の文政9年(1826)、交通の便の悪さや冬の積雪のため、九谷村から山代温泉の越中谷(現・石川県加賀市山代温泉)に窯を移しました。ありがとうございました。骨董品買取の福岡玄燈舎では九谷焼を買取ります。お見積りや査定だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。受付年中無休。福岡県内は無料出張査定致します。

2022年4月 2日 (土)

【表忠塔の盾買取りました/福岡・骨董品】

表忠塔の記念盾買取りました/福岡県・骨董品…
福岡市南区にて軍人の記念品や戦争資料になる勲章や写真を買取致しました。

Img_1941 

これはその一つで「表忠塔」の記念盾です。現在の中国で「白玉山塔」と呼ばれる表忠塔は大連の白玉山にあり、東鶏冠山や203高地と並ぶ日露戦争をたどる観光地として残されている。この塔は日露戦争後に乃木希典と東郷平八郎ら日本人によって建てられたものです。1909年に戦没者追悼のために忠魂塔として建立しました。 11月の落成式に乃木が夫人とともに参列しています。 当時は「表忠塔」と命名されましたが 中華人民共和国となってから「白玉山塔」と改名された。ありがとうございました。

 

骨董品買取の福岡玄燈舎では戦争資料を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休。福岡県内は無料出張査定致します。

2022年3月31日 (木)

【大阪万博の記念コイン買取りました/福岡県・福岡市・骨董品】

福岡市でレトロなメダルを買取りました/福岡県・骨董品…福岡市城南区にて昭和の万博コインやメダルなど記念グッズを多数買取致しました。万博のメダルは1970年の大阪万国博覧会の際に発行されたもので造幣局マークの入った銅メダルや銀メダルでした。近代博覧会の原型は、1475年にフランスのルイ11世がロンドンで開催した「フランス物産展」だと言われています。 その後パリでやロンドンで度々開かれた美術展なども博覧会の一種と言えるでしょう。 そして、1851年、ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で国際博覧会の歴史が幕を開けます。ありがとうございました。
コインメダルの買取050

 

骨董品買取の福岡玄燈舎では記念メダルやコインを買取致します。お見積りや査定だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。受付年中無休8:00~20:00
福岡県内は無料出張査定致します。

2022年3月12日 (土)

【京焼茶碗買取りました/福岡市・福岡県・骨董品】

抹茶茶碗の買取/骨董品・福岡市・茶道具…
福岡市東区にて茶道具や掛軸、有田焼や切手など多数買取させて頂きました。この茶碗は清閑寺窯4代杉田祥平の作品です。ありがとうございました。

京焼の買取024

清閑寺焼(せいかんじやき)は京都の古窯で、窯は現在の東山区清閑寺山の内町あたりにあったもので旧清閑寺領丸山、後世茶碗坂または茶碗山といった地にあたります。清閑寺窯に関しては諸説ありますが要するにこの地に清閑寺焼または音羽焼というやきもの窯があったことは事実です。銘款には「清」とあるものがありこれは仁清の印にあたるとされています。仁清と名乗る前にこの窯で作ったものと考えられています。

 

骨董品買取の福岡玄燈舎では京焼や茶道具の買取をいたします。お見積りや査定だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。受付年中無休8:00~20:00福岡県内は無料出張査定致します。

2022年3月 9日 (水)

【ペコちゃんの買取/福岡市・福岡県・骨董品】

ペコちゃんの買取/福岡県・福岡市・骨董品…
福岡県北九州市より不二家のペコちゃんや人形を買取りました。昭和の駄菓子屋さんからの買取です。ありがとうございました。

E1384874711

 

当初は1950年に発売された同社の菓子「ミルキー」の商品キャラクターとして誕生しましたが、後に同社全体のマスコットとなりました。最初の店頭用ペコちゃんは紙で作られていました。1950年代後半、不二家の店舗の数が増えていったころから、店頭ペコちゃん人形は、紙からビニールやプラスチックに変わっていきます。それでも、ペコちゃんの “ゆらゆら”を見たいがために、さわる子供は増える一方でした。そんなブームが続く中、頭をなでるとペコちゃんがお話しをする「おしゃべりペコちゃん人形」が登場。店頭用に作られたもので、体長は台を含めて97cmありました。そして初代ぺこちゃんの怖い顔からやさしい顔になりました。
骨董品買取の福岡玄燈舎ではペコちゃんなどのおもちゃ人形を買取ります。お見積りや査定だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。受付年中無休8:00~20:00福岡県内は無料出張査定致します。

2022年3月 6日 (日)

枝炭の買取/茶道具・福岡県福岡市

枝炭の買取/福岡県・福岡市・茶道具…
福岡市城南区で茶道具や掛軸,甲冑など買取致しました。こちらは茶道具で使う枝炭です。未使用品で沢山ありましたので高価買取致しました。
枝炭(えだずみ)は、亭主が客の前で炉や風炉に炭を組み入れる炭点前(すみでまえ)で用いる、躑躅(ツツジ)などの細い枝が二股・三股になった小枝を焼いたもので、普通はこれに胡粉(貝殻を焼いて作った白色の顔料)を塗り白い色にしたもので、「白炭」(しろずみ)ともいいます。枝炭は、白く塗らない焼いたままのものを「山色」(やまいろ)といい、武家茶に好まれます。

茶道具買取福岡012

骨董品買取の福岡玄燈舎では茶道具や枝炭買取致します。お見積りや査定だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。受付年中無休8:00~20:00 福岡県内は無料出張査定致します。

«【茶道具/扇子の買取/福岡県・福岡市】